リン〜北米を行く

チワマル犬、リンの北米生活!小ちゃくても頑張っています。

バンクーバー警察はこんな所だった

グテーっと 伸びているリンさんです


肉球が何とも愛くるしい(*´꒳`*)


なにしてるんでしゅか⁉︎🐶


テーブルの下に入ってしまいました

警戒心の強い リンさんです( ̄∀ ̄)


さて、本題…


先日の事です

リンさん家で 「パスポート紛失事件」がおきました((((;゚Д゚)))))))

(家族の誰かのです)


ドキドキしながら家中を探しまくりましたが見つかりません

外に持っていった時に落としたのかも…

と思い 近所のコミュニティーセンターとかにも聞きに行ってみましたが やはりありません


こうなったら再発行しか無いか

…と 覚悟を決めました


まずは、最寄りの警察署に行って紛失届出書を取りに行きます


怖いです…(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

日本にいる時から 何もしてなくても警官を見るとドキドキしてました

それが 海外の警察です

行きたくない…でも 行かねば…

気分は 出頭する犯罪者です


建物の中に入ると 思ったより狭いです

何人かの人が待ってます

その奥に 受け付けが…

一番手前の所で 先ずは受け付けを済ませます


「アレ?」なんか優しそうな私服のお兄ちゃん

紛失届けの記入用紙をもらって

「いつ、どこで、どのように」住所や時間などを記入します

(前もって サイトで調べて 英文を作ってあったので 書き写します)

順番がくると 番号が掲示板に出ます

いよいよ いかつい警官登場か!とビクビクしていると そこにいたのは 美しいお姉さん!そして私服‼︎

コーヒー飲みながら 優しく聞いてくれます(((o(*゚▽゚*)o)))♡

制服姿の警官は おりませんでした(^^)


パスポートのコピーも持っていたので スムーズに質疑終了

お姉さんがパソコンに打ち込み終わると Case Numberが書かれた名刺サイズの小さなカードを発行してもらえました

それが紛失届となり再発行の際、総領事館に提出するとの事です


警察はぜんぜん怖く無かったですよ〜

(ビビっているのは かあちゃんだけ?)


さあ、戸籍証明取り寄せて(日本にいるかあちゃんのかあちゃんが 送ってくれました) 日本領事館にGO‼︎


…と思ったら ありました( ̄O ̄;)


ご心配 おかけしましたm(_ _)m

日本のかあちゃんのかあちゃんへ平謝りです

最後まで読んでくださった皆様にも…

m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m


今回の教訓

●警察は怖くない‼︎

●パスポートは持ち歩かない

●パスポートのコピーをとる

●身分証明を作る(運転免許が無い場合)


(以下「バンクーバー留学センター」サイトより引用)

→BCID (B.C. Identification Card) は運転免許証を持っていない人の為に、 身分証明書として発行されるブリティッシュコロンビア州公認のIDです。 BCIDは運転免許証と同様の機能を持つ身分証明証で、12歳以上の方が申請出来ます(19歳未満は保護者の確認が必要になります)。 【BCID申請方法】 BCIDの発行は運転免許証の発行と同様、 Driver Licensing Officeで申請します。 バンクーバー市内であれば、バラード駅の近くにある、Royal Centre内のオフィスで申請出来ます。 申請には2つのID(パスポートとビザ)が必要になりますので、忘れずにお持ち下さいね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。